どうしたらみんなに見てもらえるホームページになるのか?

居心地の良いホームページ作り

せっかくホームページを作っても、見てくれる人がいなければ意味がありません。それには閲覧者の方々が「居心地が良い」と感じてくれる事が大切です。良い情報を載せているのに見づらくて読む気にならないとなってしまっては勿体ないです。もしも店舗の紹介サイトなら、それは店舗のイメージにも繋がってしまいます。たくさんの情報を知ってほしいと言う気持ちも大切ですが、分かりやすいホームページ作りを心がけましょう。それにはまず情報のカテゴリ分けが必要です。例えば飲食店のホームページならコンセプトやメニュー、アクセス方法と言ったようにカテゴリを分けます。また、デザイン面での配慮も大切です。読みやすい色使いや行間、字間と言った細かい所までです。「見やすいホームページ」を意識すれば、自然と閲覧者の方も興味を持ってくれるようになります。

適度に更新をして情報を刷新する

ホームページの内容にもよりますが、たくさんの人に見てもらいたいと思うのなら適度な更新も必要です。毎回来ても変わらないホームページなら来る頻度は減ってしまいます。例えば飲食店なら住所等はそうそう変わるものでもありませんが、季節のメニューを更新してみると言った工夫を行うと閲覧者の方々も興味を持ってくれます。またもし可能ならブログやSNS等を更新し、そこからホームページに誘導するのも一つの手です。毎日情報を目にする事で閲覧者の人達の記憶に残り、ホームページにも訪れやすくなります。また、いつ作ったか分からないホームページは「この情報は本当に新しく正確なのか?」と思われてしまう事もあります。新しい情報が入りにくい分野の場合でも、日付入りの更新をする等して常にメンテナンスをすれば信頼度も上がり皆が見てくれるホームページになります。

現在の日本社会において自社の宣伝に最も重要なものはHP制作だと思います。相手からすると、自分が係わる先がどのような会社かまずはその会社のHPの雰囲気で感じ取るといっても過言ではないでしょう。

© Copyright Homepage Production Tips. All Rights Reserved.